想定していない残業も増えつらい日々が続きました

 

5000人以上の社員がいる大手制作会社を退職し、わずか5人程度の小さな制作会社に転職しました。理由は、将来独立したいという目標があり、少数精鋭の会社で多くの経験を積みたいと思っていたからです。

 

入社してからは、良くも悪くも人がいませんので、必然的に自分の担当範囲外の仕事も回ってくることが多くありました。

 

そのため担当範囲外の仕事も出来るようになり、自分でも分かるくらいめきめきとスキルアップしていくのを感じました。

 

しかし、入社から1年半たった頃から、だんだんと上層部の気まぐれや責任逃れの尻拭いの仕事が中心になっていることに気が付いたのです。

 

スキルアップも止まり、想定していない残業も増え、肉体的にも精神的に疲れ、仕事が辛いと感じるようになってきました。

 

辛い=いきなり退職というのは安易な考えだと思い、まず自分のやりたいことと将来の目標を整理し、上司に相談しました。

 

しかし、残念ながら上司からは良いアドバイスや返答は貰えず、それどころかモチベーションが下がるようなマイナスな返答が返ってきてしまいました。

 

今の仕事が自分のスキルアップに繋がる仕事でもなく、本来自分が一番やりたかった業務も出来ていない状態を解決するには退職しかないと思い、私は退職の道を選ぶことにしました。

 

世間的に見た時、2年程度で退職するのは早いと思われるかもしれないと悩みましたが、その間に培った経験やスキルの方が上であり、そのスキルを活かさず今のような仕事をしていている方が勿体ないと感じ、そのような結論になりました。

 

その後、どのように仕事をするか考え抜いた末に、本来の自分の目標通り独立(フリー)で仕事をすることに決めました。

 

会社という盾がない中、自分の名前だけで仕事を貰い、遂行するのは大変ではあり、会社に属した方が楽だったと感じることもあります。

 

しかし、元々自分の目標であったこと、そして自分の経験を活かせていると強く感じることが出来、とてもやりがいを感じています。

 

私の場合、退職といった解決方法を選択しましたが、会社・職種によっては色んな解決方法があるかと思います。

 

ただしどの解決方法にしても、自分の心と体を大事にすること、そして自分の2年、3年、更に言えば10年先を見据えた上で本当に後悔しない道か考えることが一番大切なのではないかと思います。