なりたい自分が明確なら我慢する必要はないかもしれません

 

仕事を行っていく上で大きな壁を感じる方は大変多いかもしれません。

 

最近では大変多くの方がエンジニアとして自分の好きな仕事を行っています。エンジニアの仕事は昼夜問わず働く事が多いとても大変な仕事です。

 

この仕事を頑張っていく事で高い収入ややり甲斐を持つ事ができるのは間違いありませんが、同時に大変な体力的なしんどさも感じる事が多いかも知れません。

 

この仕事は常に多くの方が興味をもちますが、最近では待遇面などでも大きな旨味等を感じる方は少ないのが現実です。

 

自分らしい仕事を行っていく上で好きな仕事を頑張る事は当然ですが、収入と仕事の負荷、職場の人間関係で大きく悩むようであれば、仕事を考える方が無難となる場合も多々あります。

 

私がウェブ業界に入った頃この業界は大変素晴らしい業界でした。

 

大手中小問わずどんどん新たな会社が革新的なサービスを提案していましたので、どなたでも楽しんで素敵なアイデアをそこに投入していました。

 

しかし、最近ではウェブ制作にかかるコスト削減等の動きから収入面では落ち、また仕事の負荷は増えていくという負のスパイラルに陥っていく業界が大変多いです。

 

新人の定着率も大変悪いので劣悪な労働環境が出来上がる傾向があります。

 

まさに私もそれが原因で会社を去る事にしました。会社の上層階とも意見が合わず、自分の仕事を行いながら、部下の育成等を要求され、昼夜問わず働く環境に嫌気が差し、退職を決意しました。

 

事前に転職活動等も行っていたので、幾つかの会社から、仕事のオファーもあったのですが、フリーランスで働いてみたいという願望もあり、まずはその準備段階として友人との会社を手伝うようにしました。

 

そこで培ったスキルや人脈を活用して数年後には自分で仕事を行っていくという目標を立てて転職を行いました。

 

手に職をつければ、自分の自由なワークスタイルを探す事も十分に可能ですので、今、転職を考える方は是非、数年後、なりたい自分を目指して頑張っていきましょう。