現状に不満があるなら相談だけでもしておきましょう

 

私は、花屋のインターネット販売部門のweb制作の求人より中途入社いたしました。

 

そもそも私は、web制作への転職を希望していたために、前職を諦めこの会社に入社したのですが、任される仕事は全てインターネット販売の商品発送や在庫管理の仕事のみです。

 

どうやら社長、人事共にweb制作について理解しておらず、web制作とはインターネット販売部門の裏方全てを兼ねる仕事だと考えて求人を出していたようなのです。

 

自分がしたい仕事をするために転職したと言うのに、転職した先の仕事は自分の思い描いたものではありませんでした。

 

その上、使用するパソコンにはそれらに関するソフトすらインストールされていなく、ネット販売部門の経営は外部任せと言う現状です。この会社にいる限りそれらの仕事に携われる可能性は限りなく0に近いのでした。

 

本来ならばこんな会社すぐに辞めて、別の会社に移りたいところですが、短期間に何度も転職するのは経歴上よろしくありません。

 

それにこの会社は、希望する仕事内容の面では不満しかありませんが、待遇面では前職よりもよく、辞めるのは勿体なくありました。そこで私は、上司に思っていたのと違う事を冗談交じりに話してみる事にしました。

 

すると、上司は私のポストの前任者も同じ事を言って短期間で辞めていった事を教えてくれました。

 

上司はせっかく埋まったポストが抜けられては困ると思ったのか、私の待遇について上と話してくれると約束してくれました。

 

そして数日後、私に提示されたのは、外部のネット制作の仕事の末端を私に移譲してくれると言った物でした。ただし、今までの仕事をこなした上で、給料は据え置きで構わないのならです。私はそれを了承しました。

 

結果的に私は仕事が増えただけなのですが、今は一部とはいえ憧れていた仕事の一端を担う事が出来ているので満足です。

 

「仕事を減らしてほしい」や「仕事を変えてほしい」と言う要望を受け入れてくれる会社は少ないかも知れませんが、給料据え置きで構わないのなら仕事を回してくれる会社はあるかも知れません。

 

私の場合は、求人が詐欺まがいな内容だった事と、前任者が同じ理由で短期間で辞めていった事が重なっていた幸運から要望が通った形ですが、自分の意志を表示しておかないと何も始まりません。

 

もし、自分がしてみたい仕事があるのなら、叶う、叶わないはともかく相談だけでもしておきましょう。ひょっとするとそれで何かが変わるかも知れません。