理想の状況に近づけるよう努力するのが重要です

 

私はもともと介護の世界に興味があり、福祉系の大学に進み卒業して晴れて介護士の仕事に就職することに成功しました。

 

しかし私が思っていた仕事とは程遠く、人と触れ合う機会がほとんどありませんでした。介護士の仕事は基本的に高齢の方や障害者の方をサポートするお仕事なのですが、それは表面的なものにすぎず、彼らのデータを書類に記載する事務的な作業が中心でした。

 

簡単にまとめると彼らにかかる補助金の報告だったり、行事や雑務などの近況報告などを書類に書くことが中心でとても単調的な仕事でした。

 

人と触れ合って人の助けになりたい仕事をしたかった願望と正反対のことをやっていたので、今の介護士の仕事にとても不満をもっていました。

 

もちろん事務作業も立派な彼らを手助けする仕事です。利用者の個人情報をしっかり管理するのも看護師の立派な仕事の一つです。

 

しかし単調でマンネリ化している気持ちを隠すことはできませんでした。

 

もう一度利用者のために貢献していることを肌で感じることができる仕事をやろうとそう思い、今の介護士経験を活かして介護福祉士の仕事を始めることを決意しました。

 

介護福祉士の受験資格は大卒で介護の経験がある人ならば誰でも受験することができます。

 

早速私は仕事の合間に介護福祉士の勉強をして1年間の勉強の末、介護福祉士の資格を入手することに成功しました。

 

資格をもっていたので給料アップはもちろんのこと、自分の希望する場所に配属することができました。今はグループホームという高齢者の生活介助のお仕事をさせてもらっています。

 

ここでは利用者の人と生でふれあうことができるので、仕事を終えた時の利用者からのありがとうという言葉を生で聞くことができて幸せです。

 

もちろん細かいトラブルなどもありますが、そこは仕事として割り切るしかないですね。

 

もし何かしら今の職業に不満をもっているのなら、資格取得を視野に入れスキルアップを図り、自分にあった理想の職に近づけるよう努力するのが重要だと思います。