人間関係を円滑にすることです

 

営業事務の仕事に中途採用で就くことができました。

 

会社に慣れないうちから営業マンについてサポートともいえる事務作業をしなくてはならないのですが、担当の営業がすぐに退職してしまい、後任は私と同じく新入りでした。

 

お互い会社も仕事もよくわからないままコミュニケーションもうまく取れず大変でした。そうこうするうちにその営業もやめ、今度は工場にいた丁稚奉公で入社した20歳の営業マンが担当になりトラブル続きでした。

 

すぐに辞めたくなりました。仕事のことを何も知らない前任者よりさらに社会的マナーを知らない男性でした。素直でいい子なのだけれど仕事という立場では本当に困りました。

 

前途多難で途方に暮れていましたが、とにかく仕事を進めるために自分の居場所づくりとして担当外の先輩や同じ年代の同僚と人間関係が円滑にいくように努めました。

 

これが結構他部署でも仕事を教えてもらえたり、うまくいくように取り計らってもらえることが多く、まじめに仕事をしている評価もいただけて役に立ちました。

 

担当の営業マンにその人たちがしっかり指導してくれるようになったからです。ずいぶん助けられました。

 

しばらくしてその営業マンもやめてしまい、最終的には他支店から私と同じ年の(当時30歳)の営業マンがきて仕事が本当にスムーズに運ぶようになりました。

 

プライベートで仲良くするという意味合いではなく、とにかく毎日の仕事の中で進んで電話の取次ぎや雑用も買って出ました。

 

これも滅私奉公というのではなく、自分の仕事でもあるかなー?という範囲の中で粛々と徹底的にやりました。自分がしんどくならない程度に。

 

早く溶け込んで人間関係を円滑にするように積極的に動けば周りの反応も違ってくるし自分のためになると思いました。

 

媚びを売るのではなく仕事に対する姿勢を見てもらうという意識でやれば、仕事も早く覚えられて何より働きやすくなります。

 

女性の場合は特に同性にちゃんと好かれるように仕事をすれば、異性同性関係なく人間関係が円滑に行き働きやすくなりますよ。