音楽で仕事のストレスを発散できました

 

現在私は、不動産会社に営業として勤めています。大学卒業後まもなく勤め始めた、不動産営業としてようやく10年目のキャリアを迎えようとしています。

 

現在の仕事には非常にやりがいがあります。具体的には、多くの契約を結んだ時などに社内からの評価をもらえることに、大きなやりがいを感じています。

 

営業という仕事は、自分の顧客へのアプローチの仕方ひとつで、成果が大きく変わるところも魅力的だと、個人的には思っています。

 

これだけ聞くと、順調な私のキャリアのように見えるかもしれません。

 

しかし、ここまでの私の不動産営業としての、キャリアが全て順風満帆だったわけではないのです。

 

入社して3年目頃でしょうか、なかなか思うような営業成績を挙げることができず、上司から叱咤を受け、毎日残業続きのような時期がありました。

 

1日が終わるまでが長く、毎日徒労感を感じて、その時は本当に、自分の能力の無さと、上司に認め得てもらえない不全感から、食欲不振、不眠になるなどストレスフルな生活を送っていました。

 

そのままの時間を過ごしていたら、色々とまずかったでしょうが、ある方法が私を窮地から救ってくれました。

 

その際、私のストレスをうまく発散させてくれたのが、友人たちとの音楽スタジオでのセッションです。

 

もともと高校、大学時代とバンド活動に勤しんでいた私にとって、当時の友人たちと同じような時を過ごし、語らう事は非常に大きなリフレッシュになりました。

 

私はドラムを嗜むのですが、音楽スタジオでスネアの音を、パーンと鳴らすだけでも爽快な気分になることができました。

 

皆さんの中にも、現在の仕事に不満を持ち、ストレスを感じている方がいるかもしれません。
そんな時には、自分なりのストレス発散方法を、1つでも2つでも持っていると楽になるのではないかと思います。

 

私の体験談、ストレス発散方法が万人に通じるとは思いませんが、少しでも皆さんの仕事が楽になることに通じれば幸いです。